<< 「もみ合い刺さった」殺意否認=漁船員殺害の裁判員裁判−釧路地裁(時事通信) | main | 閣僚ら「生方問題」発言集(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2011.04.15 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


福井・敦賀1号機が運転開始から40年(産経新聞)

 日本原子力発電(原電)が昭和45年に営業運転を始めた敦賀原発1号機(福井県敦賀市、沸騰水型軽水炉、出力35.7万キロワット)は14日、国内の商業炉で初めて運転開始から40年を迎え、41年目の長期運転に入る。原電は平成28年まで運転を継続する方針を示している。

 国内で稼働している商業用原発54基のうち、30年を超過し、廃炉の表明がない原発は計18基。運転を継続した場合、今後5年で敦賀1号に続いて40年を迎える原発は8基ある。国内の原発は敦賀1号機を皮切りに、「高齢化」の時代に突入する。

 国内では今年11月に関西電力の美浜1号機(同県美浜町)が40年を迎える。関電は昨年11月、安全確保などを前提に延長運転の方針を示し、運転50年を想定した長期の保守管理方針などを経済産業省原子力安全・保安院に提出し、審査を受けている。また東京電力の福島第一1号機(福島県)が来年3月で40年を迎える。

 原発の寿命に国の規定はないが、各事業者は当初30〜40年の運転を想定していた。しかし新規立地が困難となる中、国は平成8年、「安全性を十分確認すれば60年の運転も可能」との認識を示した。

 原電は増設する敦賀原発3、4号機の着工が大幅に遅れたことを受け、平成22年としていた1号機の停止時期を3号機が稼働する28年まで延長。これに伴い、福井県は延長の中間にあたる25年に原電が保守管理やトラブルの状況を保安院に報告し、地元も確認する制度を原電と経産省に要請、同意を得ている。

【関連記事】
温暖化法案 過度の負担なくす修正を
空母引き渡し、軽水炉建設で基本合意 露印
福島社民党首、温暖化基本法案に「百%の納得ではない」
「原発推進」を明記 温暖化法案を閣議決定へ 民主内から反発も
関電社長に神野副社長が浮上 原発信頼回復に道筋、若返り図る
20年後、日本はありますか?

<堀江被告>三味線など差し押さえ「何でこんなことに」 (毎日新聞)
潮風号 今季もスタート 北九州・門司港(毎日新聞)
<鳩山首相>B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示(毎日新聞)
北朝鮮側の身勝手な要求 鳩山政権はどう認識?(産経新聞)
<氷見市長選>堂故茂氏が無投票で4選 富山(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2011.04.15 Friday
  • -
  • 05:12
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
ネイルサロン
ライブチャット
クレジットカード現金化 即日
無料ホームページ
現金化
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM